スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブル選で牽制、論戦から「逃げ管」 小沢氏もびっくりの選挙至上主義(産経新聞)

 野党が国会の会期末に内閣不信任案を提出した場合、「菅直人首相が衆参同日選挙(ダブル選)に踏み切るべきだ」との意見が14日、政府・民主党内で浮上した。民主党は同日、自ら提案していた国会の予算委員会開催方針も撤回。国会論戦を避けて「政治とカネ」の問題をかわして逃げ切りを図り、高支持率を保ったまま参院選に突入、あわよくば衆院選も同時に実施しようという「小沢一郎前幹事長もびっくりの選挙至上主義」(公明党幹部)だが、ダブル選に二の足を踏む野党側の動揺を誘う狙いもありそうだ。(佐々木美恵)

 「不信任案? 結構だ。ダブル選をやればいい。自民党は大変だぞ。うちは(衆院当選1回の)小沢チルドレンが落ちても、困るのは小沢さんだけだ」

 民主党幹部は14日、こう言い放った。ダブル選の脅しで野党が不信任案提出を断念すれば、野党の効果的な宣伝の場をつぶすことができる。

 ダブル選については、衆院選で大量当選した1回生に不利だとして「現実的でない」(別の民主党幹部)との見方が強い。ただ、一部の1回生からは「任期満了の3年後の選挙では、どうなるか分からない。支持率の高い今なら勝てる」と歓迎論も出ている。

 一方、民主党が予算委撤回を通告した強引な手法について、国民新党幹部は「小沢も驚いているだろう。『オレがわざわざ出て行くこともない』と言っているんじゃないか」と、小沢氏ばりの強硬戦術を揶揄した。野党に転じた社民党の重野安正幹事長も代表質問で「相次ぐ事務所費問題にふたをするなら許されない暴挙で選挙目当ての疑惑隠しだ」と批判した。

 民主党は、野党が求めていた鳩山由紀夫前首相や小沢氏の国会招致を放置し、小沢氏の元秘書、石川知裕衆院議員(民主党を離党)への議員辞職勧告決議案も棚ざらし。菅首相側近の荒井聡国家戦略相らの事務所費問題も厳重注意だけで幕を引こうとしている。

 国民新党幹部は論戦から逃げざるを得ない菅首相の置かれた状況をこう解説した。

 「菅の人気は小泉人気とは違う。政策をやらずにピューッと上がっている支持率は、いつ下がるか分からない。蓮舫(行政刷新相)や枝野(幸男幹事長)を前面に出して、菅は後ろでドンドコ太鼓をたたいているだけの選挙なんだから」

【関連記事】
枝野幹事長「提案を野党が拒否したから」会期延長せず
首相、参院選負ければで辞任かとの質問に「気の早い人だね」
亀井氏「踏みつけられてもバカにされても…」 民主と選挙協力
参院選 一転「公示後に応援決める」橋下知事の動向に熱視線
【菅政権考】「菅コール」なき脱小沢内閣

<亀井氏>「約束守らないと政党政治は死ぬ」 退任会見で(毎日新聞)
「駄目なものは駄目と言う」=社民党首(時事通信)
<東北厚生局>職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)
街頭演説も動画で紹介 高齢化の進む選挙区で変化(産経新聞)
亀井氏辞任「異常な事態」=自民の大島幹事長(時事通信)
スポンサーサイト

「緊張感持ち実践的訓練を」=APEC控え警備課長会議―警察庁(時事通信)

 警察庁は28日、全国警察本部の警備課長を集めた会議を都内で開いた。同庁の安藤隆春長官は、6月から11月にかけて日本各地で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)をめぐり、公共交通機関などの警戒警備を徹底する必要があると指摘。「本番さながらの緊張感を持ち実践的訓練に取り組んでほしい」と訓示した。
 安藤長官は、同会議を狙ったテロや暴動を未然に防止するための情報収集・分析の徹底を指示。空港や港の警備を強化し、海外からのテロリストの侵入などを防ぐことも求めた。
 また、韓国の哨戒艦沈没事件に関連して、北朝鮮をめぐる情勢が緊迫していると強調。強い危機感を持つとともに、政府の制裁措置の実効性を確保するため、北朝鮮への不正輸出事件の取り締まりを徹底するよう指示した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】緊迫!朝鮮半島~哨戒艦事件、北魚雷攻撃と断定~
〔写真特集〕世界のミサイル
〔写真特集〕最近の金正日氏~奇跡の復活~
〔写真特集〕若き日の金正日氏~知られざる素顔~

ニュージーランドでは「世界最速の英雄」 「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」(産経新聞)
口蹄疫を懸念、五島牛産地の鉄人レース中止(読売新聞)
ローソン子会社不正経理、元専務らを逮捕へ 特別背任容疑(産経新聞)
犬がおとなしく留守番できるCD(産経新聞)
<雑記帳>田植え選手権 187人が正確さ競う 岩手・奥州(毎日新聞)

浜教組の行為は教育介入 自民・義家議員が指摘(産経新聞)

 「横浜市教職員組合」(浜教組)が市教委が採択した中学教科書「新編 新しい歴史教科書」(自由社)を使わない「授業マニュアル」を教職員に配布した問題が、改正教育基本法に明記された学校現場への不当な教育介入にあたるとして、25日の参院文教科学委員会で取り上げられた。義家弘介参院議員(自民)が指摘した。

 答弁に立った川端達夫文科相は、浜教組の行為を改めて「不適切」と批判。教育介入にあたるかどうかについては、すでに浜教組の指導に乗り出した「市教委の対応を見守る」と述べ、言及を避けた。

 義家議員は浜教組のマニュアル配布を、教科書使用を義務づけた学校教育法や横浜市の学校管理規則に抵触する法令違反と指摘。そのうえで「(浜教組が配布した資料は)階級闘争史観、自虐史観のオンパレード」と内容面の問題点にも言及。「検定を受け、横浜市教育委員会が権限と責任に基づき民主的な手続きを経て採択された教科書を、土壇場で組合の考えで使用しないようひっくり返し政治的中立を損なう教材を持ち込むのは背信行為だ」と追及した。

 資料配布の際に、市教委事務局と市立学校約500校の間で公務文書をやりとりする運搬システム「学校ポスト」を無断利用した問題にも「公的制度の私物化だ」として文科省としての対応をただした。

 川端達夫文科相はさまざまな法令違反については「認識をともにしている」と答弁。「今の横浜市教委が行っている是正指導をまず見守る。市教委からは報告を受けており連携が必要なら考えたい」と述べた。

【関連記事】
「つくる会」が厳重処分を申し入れ 浜教組「授業マニュアル」問題
「浜教組への警告文書は適切」文科相が支持 教科書不使用指示で
横浜教組教科書不使用指示「教育制度の根幹にかかわる」
浜教組、教科書不使用のマニュアル 文書の配布方法も不正
横浜教組教科書不使用指示 なお「思想闘争」ゆがむ歴史教育
虐待が子供に与える「傷」とは?

遠藤周作の未発表作?長崎で草稿ノート初公開(読売新聞)
【金曜討論】漫画児童ポルノ規制 アグネス・チャンさん、里中満智子さん(産経新聞)
「出会い系喫茶」「偽装ラブホテル」を規制へ 風営法改正 警察庁(産経新聞)
クラシックカー 全国から名車が大集合 愛知・長久手(毎日新聞)
PSPソフト複製・無断販売、容疑で無職男逮捕(読売新聞)

知事会、公明党と参院選マニフェストについて意見交換(産経新聞)

 全国知事会の政権公約評価特別委員会(委員長・古川康佐賀県知事)は11日、国会内で公明党の井上義久幹事長ら幹部と、今夏の参院選公約について意見交換した。知事会側は国の出先機関の原則廃止や地方環境税の創設などを要請、公明党側は「(野党になって)自由にモノをいえる立場になった。抜本的な行政改革を検討していきたい」と応じた。

【関連記事】
橋下府知事「維新の会の候補は選挙費用を負担してもらう」
宮崎隣接の熊本県知事「家畜搬出制限が緩い」 口蹄疫対策に疑問
口蹄疫で農相が宮崎訪問 東国原知事と対応を協議 
ツイッター議員急増中 夏の参院選に影響も
「公明と連立なら離党辞さない」 石井一選対委員長
少子化を止めろ!

東国原知事が小沢幹事長と会談、話題は…(読売新聞)
違法ダウンロード激増 音楽配信 伸び悩み 「着うた」売上高19%減(産経新聞)
<窃盗>5300万円相当、コントラバス5台など盗難…東京(毎日新聞)
希少疾患LGSの治療薬の国内フェーズ3試験を開始(医療介護CBニュース)
支持率低下「普天間も要因」=鳩山首相(時事通信)

世論調査 自民が民主を逆転 参院選投票先で(産経新聞)

 25日放送のフジテレビ系「新報道2001」の世論調査で「夏の参院選の投票先」について、民主党が政権交代後初めて自民党に追い抜かれた。民主党は1週間前に比べ5・2ポイント減の12・2%、自民党は0・2ポイント増の14・2%だった。

 普天間飛行場移設問題をめぐる鳩山政権の迷走に加え、高速道路の新料金制度での政府と党の対立などが要因になったとみられ、民主党が急速に支持を失っていることを裏付ける形となった。

 民主党は衆参の国政選挙の投票先調査で、昨年4月16日に自民党からトップの座を奪回して以降、首位を独走。昨年8月の衆院選直前には41・2%に支持を伸ばした。

 今年4月1日の調査で約1年ぶりに自民党に並ばれ、4月8日の調査で再び自民党をリードしていた。今回の水準まで下がったのは平成18年3月30日調査の11・8%以来となる。

 一方、内閣支持率は1週間前に比べ4・4ポイント下落し24・2%となり、政権発足後初めて20%台前半へ突入。「支持しない」は5・4増の67・8%だった。普天間問題が5月末までに決着しない場合、5割以上が「退陣すべき」だと回答した。

【関連記事】
舛添氏、参院選目標10議席 第三極で政策一本化し選挙協力も
創新党・中田代表幹事、相次ぐ新党は“自己中”で理念なし
みんなの党、河合氏に出馬要請 パラリンピック3連続金
堀内氏の参院選出馬に巨人・渡辺会長「当選確実、間違いなし」
過剰な演出に??やりすぎ“舛添商法”早くも不発のワケ
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<ウナギ>稚魚の漁獲量激減 中国、台湾も 土用の丑ピンチ(毎日新聞)
民主・山岡氏「ダブル選は200%ない」「自民党はメルトダウン」(産経新聞)
JR西強制起訴 抱える難問 同じ証拠で異なる立証 被害者多数、どう意見反映(産経新聞)
JOC会長ら3人 参考人招致を決定 五輪招致特別委(産経新聞)
歩道橋事故、元副署長を強制起訴へ=検察官役、制度導入後初-神戸(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。